無料サーバー監視ならSavaMoni.。Ping監視やポート監視、サーバー障害時の自動アラートメールまで、全て無料で対応

各種監視サービス

savamoni.トップ > 機能 > 各種監視サービス

各種監視機能

SavaMoniでは以下のような10項目のサービスを、Web上から簡単に監視設定できます。監視項目・変更を追加する時も、管理画面上で目的のサービスを選択するだけです。また、IPv6アドレスでの監視を追加する事で、IPv4/v6デュアルスタック環境においても、双方のプロトコルから疎通を監視する事が出来ます。

監視サービス一覧



監視項目 監視項目 監視内容
死活監視 Ping ネットワーク上の機器との疎通確認を行うping(ピン)コマンドを用い、接続可否を確認します。pingがサーバーへ到達できなかった場合は、サーバーもしくはサーバーへのネットワーク経路で問題が起きている事が考えられます。※1
FTPサーバー FTP
(TCP21)
FTPの利用するポートへアクセスを試み、FTPサーバーの稼働状況を確認します。
SSH接続 SSH
(TCP22)
サーバーへのSSH接続を試み、サーバーのSSH接続が有効であるかを確認します。
メール送信サーバー SMTP
(TCP25 / 587)
SMTPの利用するポートへのアクセスを試み、メール送信サーバーの稼働状況を確認します。
Webサーバー HTTP
(TCP80)
HTTPの利用するポートへのアクセスを試み、Webサーバーの稼働状況を確認します。また、ページ内に特定の文字列が含まれているかのチェックや、TOPページ以外の任意URLの監視も可能です。 これらを確認する事で、Java、ASP.net、PHP、Ruby、WordPress等の各種プログラミング言語・フレームワークで構築されたWebアプリケーションが正常に稼働しているか確認する事もできます。
Webサーバー
(SSL/TLS)
HTTPS
(TCP443)
HTTPSの利用するポートへアクセスを試み、SSL/TLSによるセキュアな接続が有効化されているWebサーバーの稼働状況を確認します。また、ページ内に特定の文字列が含まれているかのチェックや、TOPページ以外の任意URLの監視も可能です。 これらを確認する事で、HTTP監視同様に各種プログラミング言語・フレームワークで構築されたWebアプリケーションが正常に稼働しているか確認する事ができます。
メール受信サーバー POP
(TCP110)
POPの利用するポートへアクセスを試み、メール受信サーバーの稼働状況を確認します。POPは、メールをEメールクライアント(メーラー)にダウンロードし、閲覧するタイプのメール受信サーバーで用いられます。
メール受信サーバー IMAP
(TCP143)
IMAPの利用するポートへアクセスを試み、メール受信サーバーの稼働状況を確認します。IMAPは、メールをサーバー上に保管し、複数のEメールクライアント(メーラー)を使った場合も同様に閲覧可能となるタイプのメール受信サーバーで用いられます。
タイムサーバー NTP
(TCP/UDP123)
NTPへの接続を行い、得られた現在時刻とSavaMoni側の時刻をと比較、タイムサーバーが正常な日時を配信していることを確認します。120秒以上のズレが確認された場合にアラート通知となります。
DNSサーバー
(名前解決)
DNS
(TCP/UDP53)
DNSへ接続し、指定したホスト名からIPアドレスへの名前解決が行えるかを確認、DNSサーバーによる名前解決が正常に稼働していることを確認します。
※1 共有サーバー等、サーバー・ネットワークのサービス提供元によっては、PING監視がご利用できない場合がございます。
※ HTTP監視、HTTPS監視は通常HTTP500番台のステータスコードを検知した際にアラート通知を行います。文字列チェック監視、URLパス指定監視を追加で設定する事で404 Not Found等のエラーについてもアラート通知を行います。

監視間隔・レスポンスタイム



項目 内容
監視間隔 5分、10分、15分、30分、60分から選択できます。

有料オプションにて、監視間隔を3分に設定することもできます。
レスポンスタイム 3秒、5秒、10秒、15秒、20秒から選択できます。指定した時間内に監視対象からの反応が無かった場合に、アラート通知を行います。

詳細な監視の仕様については サービス仕様書PDF をあわせてご参照ください。

専任担当による柔軟なサポートや障害発生時の一次対応、セキュリティ対策などをお望みの方はこちら